本文へスキップ

2016年4月14日に起こった熊本地震について

   覚えてくださる全国のみなさまへ


今回の熊本・大分地震にさいし
(4月18日12時現在)


お祈りお支えいただきありがとうございます。


覚えてくださっている、皆さまへのお願いです。

教区外からの人的、物質的のご支援のお申し出につきましては深く感謝申し上げますが、現在九州教区内にて全力を挙げて対応させて頂いており、それに集中させて頂きたくあらためてお願い申し上げる時までお待ちくださいます様お願い申し上げます。

(報じられております飲料水、食糧等不足のご支援はライフライン等、少しずつですが回復の兆しもあり、又、ボランテイアのご協力につきましても熊本現地入りが困難な状況でございます。)

あらためてお願い申し上げるまで、お見守り、お祈り下さいますようお願い申し上げます。つきましては状況等、最新を九州教区のホームページに掲載させて頂きますのでご確認下さいます様、お願い申し上げます。

日本基督教団 九州教区               
熊本地震救援対策本部              

今回の熊本地震にさいし
(4月16日現在)


たくさんのお祈り支えいただきありがとうございます。

おとといの地震より
今日未明の地震の方が、熊本市内の教会の方々にとっては
インパクトが強く、被害も大きいものとなりました。

現在、ガス水道が止まっていることもあり、
大変みなさん
苦労されておりますが、
水など物資の支給に関しては早期の普及も考えられます
ので、九州教区内で行います。

ボランティア募集に関しても、今まだ現状把握をしただけですので、募集の是非に関しても定まっていません。
これについては、おってご報告致しますので、
ホームページ上でまたご確認ください。

熊本市内各教会の方々共に、牧師また教会の方も疲弊されていますので、電話での直接の安否のお問い合わせはできるだけご配慮ください。

日本基督教団 九州教区